ダークネシオス

今日は19話の配信日!
…ですが私はまだ見れていない。
この記事は「予約投稿」にしていますが、投稿している0:00頃は絶賛移動中だと思います。
事故らず無事に帰れますように……。

ということでアニメをまだ見れていない!
本記事は別の話題です。

線画~


改・ブラキオスのダークネシオスです。
前にズワッ!と伸びた首が良い。ボディから首に繋がるラインも美しい。
ブラキオスより好きです。

リバセンで登場した機体ですが、新世紀には登場していない。
なんででしょうね。
その開発と退役の経緯を妄想……。

「海軍力」を見ると、ゼネバス帝国軍はウオディックで一時的に優位に立った。
しかし後年、高性能ソナーを搭載したウルトラザウルスや対艦ホーミング魚雷を積んだプテラスに負けるようになった。

大陸間戦争は海を挟むので海軍力が極めて重要だが、ガイロス帝国にはロクな海軍力がない。
ウオディックが勝てないんだから、シーパンツァーやブラキオスが勝てるわけがない。
慢性的に制海権は共和国側にあった。
事実、共和国軍は「上陸後」に苦戦するシーンはあれど、「上陸前」に撃退されたケースはない。(※)

※ギルベイダーに迎撃された場合を除く。こいつだけは例外である。ただしギルは数が少ないしそもそも制海権確保の為に運用するゾイドではない。

そんなわけでガイロス帝国軍は海軍力の弱さに頭を悩ませていたと思います。
ウオディックは既に深海(海底)まで潜れるんだから、これより深く潜れるゾイドは作れない。
ならどうするか。
もはや見つかることを前提にしたゾイドじゃないかな。
ウオディック以上の水中性能を持ち見つかったとしても強引に攻撃するor逃げる事が出来る仕様のゾイド。

海竜型ゾイドならそれが出来る。
そんなわけでダークネシオスが出来上がった。
潜水深度や攻撃力ではウオディックに劣る(攻撃力はブラキオスと変わらない)。
だが運動性は上であり、敵に見つかっても攻撃をかわしながら強引に接近し攻撃。ホーミング魚雷を振り切って離脱できる性能を得るに至った。

本機は量産中にグランドカタストロフを受け、実戦を経験する事なく闇に葬られた・・・・かに思えたのだが、リバースセンチュリー戦役では運用され一定の成果を挙げた。

きたる西方大陸戦争でも配備が進むかと思われた。
だが「ウルトラザウルス不在」すなわちバリゲーターを中核とする共和国海軍は途方もない弱体化をしていた。すなわちブラキオスやシンカーで充分であった。
プテラスの航空攻撃は脅威だったが、これもまたレドラーを艦隊上空に付ければ問題ない。

本機はブラキオスとかなりのパーツを共通している。
海戦力はダークネシオスが高い。だが現在の両国の海軍力を比べればブラキオスで充分である。
強いに越したことはないが、過剰でもあった。
そのうえ陸上では動けない本機は汎用性に劣り、パーツは全てブラキオスの為に使われることになった。

ウルトラザウルスが一機しか存在しなかった為、その後ウオディックも問題なく運用できた。
本機が日の目を浴びることがあるとすれば、オーガノイドシステムなどでウルトラザウルスが再び数を増やした時であろう。


妄想終了。


色はいかにもダークですね。
色分けは目の部分のみキットとは違う色にしました。キットも目は別パーツ化するべきだったよなぁ…。


個人的にはこんな初期暗黒軍カラー(ダークホーン的な)でも良かったかなーと思っています。



ブラキオスカラーもあんがい悪くない?



NEWカラー。お、これけっこう好きかも…。



これはブラキオス。
首を前に伸ばしたダークネシオスと、大きく起こしたブラキオス。その差が面白いですね。

そんなわけでダークネシオスでした!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント