電子ゲームの世界

先日はLCDゲーム「壮絶バトル ギルベイダーVSオルディオス」を紹介しましたが、とても懐かしい時代でした。



「大規模集積回路チップ(LSI)によって制御されるソフトウェア内蔵型の小型携帯型ゲーム機」
ゲームウォッチ、ISIゲーム、LCDゲームなどと呼ばれます。

これらはメーカーによって呼び方が違うだけで同じものです。ガチャガチャというかガチャポンと言うかみたいな違いですね。
総称して「電子ゲーム」とも呼ばれます。

私と同年代の方なら何度かはプレイしたことがあるんじゃないでしょうか。
90年代前半頃までは凄まじい数の電子ゲームが出ていました。

この手のゲームは80年に任天堂がゲームウォッチ各種をリリースしてから一大ブームになった。
詳しくはwikipediaあたりを参照
いらい他社も追随して多くのゲームを出すようになった経緯があります。

さて任天堂製のゲームウォッチはかなり凝ったものが多く、面白さ満載でした。
ただ他社製のものはゲーム性が極めて単純で「キャラ人気で売る」ものがほとんどでした。
ユーザー側も半ばそれに気付いていましたが、ただ「大好きなあのアニメがゲームになった」という魅力に釣られてホイホイ買っていたわけであります。

電子ゲームは「携帯ゲーム機」というのが大きなメリットです。遊びに出かけて外でもプレイできる。ただ携帯ゲーム機という分野では89年4月にあの「ゲームボーイ」が登場しました。
比較にならない程の能力を持っています。画面の表現力、サウンド、操作性、ゲームのボリューム、etc. 全てにおいて圧倒。
「てれびくん」「学年誌」「コロコロ」なんかはゲームボーイをこぞって大特集・猛プッシュしました。

しかしそれでも電子ゲームは粘って粘って生産され続けた。徐々に数を減らしながらも90年代中ごろまではけっこうな勢力を保ち続けていたのであります。
なぜかというと二つの理由があります。

一つ目は安かったことです。だいたい2000円程度で一本買えます。
ゲームボーイは本体が1万2500円でソフトが2500~3800円程度。更に電池代もけっこうかかる。
ゲームボーイも電池のもちが優秀ですが、電子ゲームは消費量が更に圧倒的に少ない。一ヶ月程度は余裕でもちます。
親にねだる時にゲームボーイか電子ゲームか。というとやっぱり電子ゲームは安いという一点で突破しやすかった。
特にゲームボーイ本体が普及する前の段階では強かった。
ただ逆に言うとゲームボーイ本体が普及してしまったらあとはソフトを買うだけ。ソフトで比較するとそれでも高いが劇的ではない。
ゲーム内容は比べるまでもない。
そんなわけで、ハードが普及しだしてからは一気に劣勢になってしまい、更に普及しきった90年代中ごろ以降はほとんどなくなってしまったのでありました。
(90年代後期からも「テトリスjr」や「たまごっち」などが出ていますが、これは従来の電子ゲームの特徴とは大きく異なるものです)

もう一つの理由は電子ゲームはスピード感が抜群だった事です。
何しろゲーム性が単純なのですぐに作れる。
ほとんどのゲームが同じような内容です。一つテンプレを作っておけばキャラを変えたり多少出現位置を調整したりという程度で新作ができてしまう。
ゲームボーイやファミコンだとゲーム性が高い。作りこめる。でも逆に言えば製作に時間がかかる。
電子ゲームというのはとにかく「旬」を狙ったゲームを投入する事に抜群の強さがありました。

90年頃というとやっぱり強かったのがドラゴンボールです。
めちゃくちゃ出ています。

サイヤ人が地球に向けて出発したらこんなのを出すし(ベジータの色に注目!)、


サイヤ人が到着したらこんなのを出すし、


悟空が到着したらこんなのを出すし、


ナメック星でギニュー特選隊が出たらこんなのを出すし、


フリーザとの戦闘に入ったらこんなのを出すし、


フリーザが変身したらこんなのを出すし、


もうこの辺にしときましょうか。上のは一例であってもっともっと細かく出ています。
この後も出続けた。
あと映画が公開されたらそれのver.も出たりしました。「倒せガーリックJr.」とか。


いやー、凄いですね。ホント凄いです。
で。これらのゲーム内容が「細かい差はあれど基本的にどれも同じようなもん」というのがまた凄いです。

ユーザーは半ばゲームウォッチの似たり寄ったり感には気付いていましたが、なにしろ旬なんです。
うおぉぉぉぉフリーザが変身したぁぁぁぁあああああ!!!! という最も衝撃的な瞬間。その熱が最高潮で維持したままの時期に出るゲームというのは強い。
もっと待てばゲームボーイやファミコンで面白いのが出るとしても、それまで待たれん!!

そんな旬を狙って販売されていたわけですね。

電子ゲームはまた「ついでだからキャラ替えで別のゲームも作ってしまおう」が気軽に出来るのも強みです。
これはゲーム内容が単純な恩恵ですね。
たとえばドラゴンボールとアンパンマンは全然違う作品ですが、電子ゲームだと「キャラを移動させ、パンチやキックで敵を倒す」という程度の単純な内容になります。だから同じ内容でキャラの絵だけ変えた商品が成り立つ。
とにかく作りやすいのは利点で、その事もゲームボーイ後も一定の精力を保ち続けた大きな要因でしょう。


ゲームウォッチ、LSIゲーム、LCDゲーム。これらの電子ゲームは今の感覚で言うと「ガチャガチャ」くらいの気軽さで企画され作られていた気がします。
ハローマックなんかに行くと、たいていガラスショーケースの中にズラッと電子ゲームが並んでいたものです。
そんな風に超膨大な種類が出たので、今では種類を把握するのも困難です。
ゲームボーイやファミコンだとオールカタログの本が出ていますが、電子ゲームだとそういうカタログ本もないからなぁ…。

ゾイドの電子ゲームが1本だけで種類を把握しやすいというのは良いことなのか悪いことなのか…。
仮に壮絶バトル、ゴジュラスVSレッドホーン。壮絶バトル、ゴジュラスVSアイアンコング。壮絶バトル、サラマンダーVSサーベルタイガー。壮絶バトル、ウルトラザウルスVSデスザウラー。・・・・etc.
とかがあったらそれはそれで魅力だと思うけど、ねぇ。

ということで今日は同年代の方ならそこそこノスタルジックに読んでいただけたような気がします。
電子ゲームの話でした。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント