蜘蛛一覧

グランチュラのバリエ一覧。
めでたく描けたので一覧にします。

小型ゾイドにしてその数は豊富。
多分、両軍の小~中型ゾイドの中では最もバリエが多いと思います。
作業用アームをつけた工兵的なものが多いのと、ガイサックと絡めて考えられる仕様が多いのが魅力的ですね。

そして次なる改造はエレファンタス、キミに決めた というわけで描きます。
エレファンタスの改造機は比較的少ないのでそこそこ楽に再現できそうです。

今日はまず一機。

ダンボ


学年誌に登場。
名前が凄い。空飛ぶゾウさんです。もう何が何だか。

といっても耳で飛ぶわけじゃありません。
というか耳部分はログレンジガン&レーダーになっているので、むしろその部分の装備は飛行には全く適さない形になった。
その代わりに、脚部にもVF-1バルキリーの推進装置を付けている。
下側に向いているので、ホバーのような形で浮くものと思われる。また背中には翼もあり(これもバルキリーの翼のようだ)、これで姿勢制御を行うものと思われる。


本機は航空機としてはおそらく鈍足だろう。推進装置の付き方から垂直離着陸や空中で静止するホバリングの能力はあると思うが、空戦が行えるようには見えない。
また燃費は極めて悪そうだ。
「飛行メカとしては鈍足だが垂直離着陸ができるしホバリングなどもできる」そんなヘリタイプのゾイドとしては、グランチュラ改造の「スカイアパッチ」に劣るように思える。
いやしかしスカイアパッチもそんなに優秀ではない。
ヘリタイプのゾイドとしては帝国軍のサンダーモルガがこの時代における最優秀機、そしてヘリタイプの可能性を発展させたサイカーチスを開発。そして随分たってからようやく共和国軍もダブルソーダを開発したという事なのかなあと推測しました。

残りのものは近日中に。

ところで、ちょっとどうしようかなーと思う案件があるので以下に紹介。
ガリウス~フロレシオスのゾイドの箱裏には改造作例が掲載されています。
このうちゴルゴドスの箱裏バリエがちょっと困ります。


ゴルゴドスのパーツを使ってゾウ的なゾイドや雷竜的なゾイドを作っている。
おいおいエレファンタスとハイドッカーやんけ。
というかこのゾウ、エレファンタスよりゾウっぽさが上だし。鼻がある・・・・。
(鼻と耳はペガサロスの羽と首のようだ)

これらは再現はしたいと思いますが、解釈としてエレファンタスの改造機・ハイドッカーの改造機と考えるか、あるいはゴルゴドスの改造機と捉えるかが難しい所です。
ここまであからさまにゾウや雷竜なので、エレファンタスやハイドッカーのコアを使用して・ゴルゴドスの部品を流用して組み上げたゾイド という解釈が良いのかなと今の所は思っています。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント