暗黒軍による中央大陸侵攻のシナリオを妄想する②

こちらの続きです。ちょっと間が空いてしまいました。
「暗黒軍による中央大陸侵攻のシナリオを妄想する②」
今回は補足的な所が多し。

さてさて、前回の妄想では、
「ガイロス帝国とゼネバス帝国は、第一次中央大陸戦争時に密約を交わしていた」
としていますが、この事は少し肉付けもしたいと思います。
これに関しては確実だと思っています。

「シンカーで中央大陸を脱出し暗黒大陸へ行ったゼネバス皇帝と残存兵」
シンカーの航続距離から考えると…、
残念ながら航続距離の設定は無いんですが、シンカーに中央大陸・暗黒大陸間を無補給で行ける能力があるとはとても思えない。
しかもあの時のシンカーといったら、整備的に万全状態ではなかった可能性が高い。また、一人でも多くの兵を乗せ積載量もギリギリまであったと思える。
空路であっても水路であっても無理だと思う。

あの脱出は、
「シンカーでバレシアから脱出する」

「沖合いで暗黒軍救助部隊が待ち構えておりシンカーを収容」

「暗黒大陸へ撤収」
という三段階があったと思う。



…沖でシンカーを収容する別働部隊の手配は、既にゼネバス帝国軍には行うだけの余力がなかっただろう。
また、「中央大陸から共和国軍の監視をかいくぐって沖に出る」なんていう事があの状況で出来たとも思えない。
ただ全く予想だにしない暗黒大陸の方からやってきたのなら、あるいは監視の目も届くまい。

まぁそんなわけで、暗黒軍は帝国軍の脱出部隊を迎える為に、密約によってはせ参じたと確信するものであります。

ところでこの合流において暗黒軍は何を使用したのだろう。
多分、通常の艦船かホエールカイザーのアーリータイプじゃないかなと思っています。

ときに、
「通常の艦船」なんて単語を出しましたが、これは文字通り普通の船です。地球と同じような。
「ゾイド星に通常の艦船はあるのか」というと議論になりがちですが、私はあると思っています。
もちろん地球と比べれば勢力的に低い割合だと思いますが。

本題から少し離れますが、これについて少し書いておきます。

この「艦船」の話題を扱うには、学年誌の資料が必須です。
さて学年誌の扱いについて書きます。

「ゾイドは学年誌に掲載される」

「再編集されて小学館スペシャル・ゾイドバトルストーリーとして発行される」
という流れがあります。
なので、ここで説が二つあると思います。
①学年誌も公式ストーリー・設定であり、ゾイドバトルストーリーも公式ストーリー・設定である
②再編されゾイド専門書として発行されたゾイドバトルストーリーこそが公式ストーリー・設定であり、学年誌は公式ではない

個人的には①の立場です。
理由は二つありまして、まず一つ目は心情として というものですが…、

ゾイドバトルストーリーは学年誌を再編して作られている。中には学年誌記事を「パズルのように」別の号を組み合わせて一つの話にしたようなものもあります。
なので双方比べると矛盾があるのも確か…。
…ではあるんですが、単純に勿体無いと思う。話の矛盾がどうかという点はさておき。
学年誌のゾイド記事のクオリティは高い。すんごい高いんです。
ジオラマのクオリティ、登場する改造ゾイドたち。これらを再編の際に没になったものだから非公式扱い…というのは勿体無い。
心情的な事ですが、勿体無いので拾っておきたいというのが一つの理由。

もう一つはゾイドの結末に関する事です。
新ゾイドバトルストーリーはオルディオス登場後くらいで終わってる。残念ながら新ゾイドバトルストーリー2-完結編-は出ていない。
学年誌を認めないのなら、これはもう結末まで考察できない。
メカ生体ゾイドを考えるなら、やはりその終焉…、彗星の飛来までを考えたい。それはゾイドバトルストーリーでは不可能だ。
学年誌が無いといけない。
という事で、学年誌を取り入れるものであります。で、都合よく結末部分「だけ」を取り出すわけにもいくまい。
使用するなら全て。という考え方をしています。

そして艦船の話に戻ります。
学年誌では艦船がけっこう出てきます。
全て拾っているとキリが無いので、大きなものだけ幾つか抜粋。

■ミーバロス上陸作戦(ウルトラザウルス上陸作戦)
ゾイドバトルストーリー1巻でも収録されているエピソードです。
ウルトラザウルスを中心とした共和国部隊が海を渡り帝国領ミーバロスに直接上陸したという作戦。
先陣のスネークスが海岸線を守るイグアンと戦い、その隙にゴジュラスはじめ陸戦部隊が上陸を完了し進撃を開始する…。
内容は学年誌版もゾイドバトルストーリー版もほぼ同じですが、学年誌版の方がより詳細です。


このように、上陸部隊の図があります。
これによるとゴジュラス始め陸戦部隊は輸送艦に積まれていたようだ。
・・・というか、まぁそうだよなぁ。いくらウルトラザウルスでもゴジュラス部隊を輸送なんて出来ないもの。
スネークスが戦っている隙に輸送艦が浜に乗り上げ、そして中から陸戦ゾイドが出てくるという感じかな。

多分、両軍ともこのような輸送艦は普通に保有している。
しかし、なにしろ非ゾイドなので非常に脆い。速力も遅い。敵に見つかれば最後、フロレシオスやシンカーに容易に補足され轟沈は免れない。
なので、運用は内地の絶対安全圏内でしか無理…というのが従来の構図だった。
だが共和国軍はウルトラザウルスやバリゲーターといった新鋭の護衛機を就役させた。
これら護衛機と一緒に行動させる事で、ミーバロス上陸作戦時におけるような敵地での行動も視野に入れられるようになった…のではないかと推測します。


■マッドサンダー輸送作戦
一気に年代が飛びますが、これは暗黒軍VS共和国軍が開始された直後のエピソード。
これは新ゾイドバトルストーリーには未収録です。


マッドサンダー二機を含む共和国ゾイドを満載した巨大輸送船が航行していた。
暗黒大陸へ輸送する作戦だ。艦の護衛にはウルトラザウルスが就いている。
しかし突然、暗黒軍が放った刺客・アクアコングが現れた。
アクアコングは護衛のウルトラザウルスを沈め、輸送艦のスクリューを壊しその動きを止めた。
最終的に輸送船は大爆発し、共和国軍の輸送作戦は失敗に終わった。

このエピソードは未収録ですが、新バトストの「暗黒軍パワーアップ改造ゾイド」のページで、ウルトラを沈めているシーンがわずかに写っていますね。
しかしこの頃のウルトラは本当やられ役になる事が多いなぁ…。
輸送艦をウルトラが護衛しているっていうのはミーバロス上陸作戦時に考えたものと一致しています。
輸送量は素晴らしいが、その脆さゆえ決して単独で運用できるものではなく、護衛は必須である。



■ギル・ベイダー吠える
こちらはギル出現直後の話で、未収録のもの。


ギル・ベイダーが出現した。
共和国海軍に猛然と襲い掛かるギル。
巨体な翼が羽ばたくたび、大きな風が起こり海上は巨大な波で荒れ狂う。
反撃の出来ない共和国海軍。
ギルはいよいよ狙いを定め、共和国の空母に攻撃する。共和国の巨大空母は、一瞬にして沈められてしまった。


こちらのエピソードでは、空母が登場しています。
サラマンダーを運用する為の空母のようです。
さすがにウルトラザウルスといえどもプテラスの運用が限界。という事で大型機用の空母が開発されたのでしょう。
この空母も、ウルトラザウルスを護衛機としているようです。ウルトラザウルスは引っ張りだこだなぁ。

この号では「戦闘用」として艦船が運用されていますが、これは「大型機を洋上で運用する」という特殊対応ゆえのものでしょう。
●速力と運動性の劣ゆえ、基本的には非戦闘用の輸送用として運用される
●ただし大型機を海上で使用したいような特殊なケースもある為、戦闘用の艦船も存在する

…そういえばバトスト3巻のフロレシオ海開戦では、ウルトラザウルスの空母タイプが登場しています。
やはり、基本的に戦闘用として使用するには通常の艦船は非力すぎるのだろう。
出来ることなら(改造に多大な手間がかかる事を考えても)ゾイドで賄いたい。
しかし大型機の運用はさすがに…というのがこの号だと推測します。

以上、代表的な描写を幾つか抜粋しました。
という事で、私なりに導いた結論は、通常の艦船は「ある」のが確実だと思っています。

あと、ついでに。
学年誌ではこの他「洋上基地」という単語が出てきます。
洋上基地…。
いわゆるメガフロート的なものも運用しているのかなぁと思ったりします。
こちらは文字で「洋上基地」と出てくるだけなので確証は無いんですが。

まぁ、ともかくそんな感じです。

という事で、ちょっとあっさりですが今日はここまで。
次回に続きます。
次回は学年誌における暗黒軍との戦い、開戦~終末までをさらっと見ていきたいと思います。
その上で、「暗黒軍による中央大陸侵攻のシナリオ」を完成させたいと思っています。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント