MSS休止で思った事

MSS休止。公式HPで告知されたのは一か月ほど前の事だった。
もはや今更な話題かもしれないが、見た時は相当ショックだった。
今回、そこで思った事を少しまとめてみたい。

MSSが休止を宣言した。
「休止」であるが、正直、不安感が圧倒的だ。
「休止の間に商品の見直しを図り、シリーズの再構築を行ってまいります」との事だが、とてもじゃないが安心できない。
同じく休止しているHMMとは雲泥の差と言って良い。
悲観的な事ばかり言うのは良くないと思うが、少なくとも、決して楽観視できない事は否定できまい。

HMMは、前もって、ゴジュラス発売を以っていったん休止する事が宣言され、しかし「2014年中に第二期シリーズの告知を行う」とも約束されたうえで、予定通り休止に入った。
これは休止であるが、同時に見事な「完走」でもあった。

MSSはサラマンダーの発表が行われ、期待感が膨らむ中、何か月も何か月も情報を全く出さない期間が続き、そして突然、サラマンダーの発売を無期限休止したうえでシリーズそのものも休止を宣言した。
そんな状況なのだから安心感なんてあるわけがない。

正直、またやってしまったなと思ってしまった。
トミーの本家ゾイドにしてもそうだが、竜頭蛇尾というか・・・、そういう言葉が本当に似合うようになってしまった。
期待させて放置。
期待しただけショックが大きい。
それがトミー系のゾイドで何度も何度も続いた。続いてしまった。
ユーザーに、どれだけ残酷な事をしているか考えてほしいと思う。

トミー(トミーテック)に言いたいことは色々あるが、とにかくユーザーのこういった部分を感じて欲しいという事だ。
商売は難しい。結果はどうしようもない事があるのは理解する。
石油の価格もあるだろう。ゾイドの生産は海外だから、外交的な問題も大変かもしれない。
世の中の流れの影響を受けることだってあるだろう。
ただできれば、そういったものがあったとしても、だ。放置するとか取り繕うとかに死力するのではなく、「潔く」する事を意識して欲しいと思う。

現シリーズが終了したとして、そこに不満や不安が出るのはどうしても仕方あるまい。
しかしそんな中でも、未来への、次期シリーズへの希望が置てる状況には最低限してもらいたい。
ゾイドが好きだから、シリーズが終了してしまっても、「また復活する」と信じたい。
だがメーカーの姿勢が、それを否定しているように感じる。
しかしある時、突然新たなシリーズを始めたりもする。しかし何が何やらよく分からなうちに終わったりする。
もてあそばれている気さえする。言い過ぎだろうか。

「コトブキヤやバンダイにゾイドの権利を売ったらいい」なんていう声を聞くこともある。
よく分かる。
でも、それを聞くとたまらなく悲しい。
メーカーの人でもないのに悲しいなんて変な話だけども。
ただそう思わずには居られない程に、本当にトミーのゾイドは素晴らしいと思うし、愛している。
受け継がれて欲しいと思う。
そして何より、その実力はあると思う。

こんなことを思うのはもちろん、本当にゾイドが好きで、しかしメーカーの今にもどかしさや疑問を感じているからだ。
同じようなユーザーは決して少なくないと思う。

だがバトストの一節を引用するなら「すべての勇気と死は、未来へ向かって生き続けるのだ。戦時にも、平和な時にも」である。
今までの事を、逃げず、すべて直視し、反省、分析、議論、・・・、色々な事を行い、そして時期シリーズをやってほしいと思う。

なんだかんだ言って、たぶん、ゾイドから離れる事は無いと思う。
たとえグダグダで不満だらけな展開になろうとも。
でもやっぱり、本気でいいなと言えるシリーズを感じる方がいいに決まっている。

色々な事を考えたり議論したりするのは好きだ。
だが本当に良いのは、いちいち長い文章を書く必要なんてなくて、ただ「最高!」という一言で笑いあえるものだろう。
その最高はもちろん、ゾイドのラインナップだったりストーリーだったりするが、前提にメーカーの姿勢が「最高」である必要があるだろう。

「すべての勇気と死は、未来へ向かって生き続けるのだ。戦時にも、平和な時にも」
やっぱりトミーは大好きだし、ついていきたいと思う。
叱咤激励を含みつつ、熱いエールを贈りたいと思う。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント