至高の広告

昨日ゲットした学年誌に載っていた広告に、とてもいい感じの広告があったので紹介します。

ウルトラザウルス就役後くらいのものです。
ゾイドのラインナップも揃い、次々に傑作機が誕生している。
そんな世界観・ストーリーの中で掲載された広告です。

広告の構成としては、主力メカ勢ぞろいな感じ。
各機のキット箱裏とは一味違う解説や、パイロットの絵などが掲載されています。
そしてそれが素晴らしいのだ!



彼らは、ゾイドの歴史をぬりかえてきた。

帝国軍最強の巨大メカ アイアンコング
アイアンコング師団司令 ユージン・レオナード少将

「山が動いた」
アイアンコングとファーストコンタクトした共和国兵士の叫びは、そのままアイアンコングを語り尽くしていた。
大型ミサイルを背負い、分厚い装甲をまとったボディ。
大型メカ開発に遅れをとっていた帝国軍のエースとして登場した起死回生のメカだ。


攻撃力抜群の機敏なファイター サーベルタイガー
第一突撃隊 キラー・スコルビッチ少佐

風のように走り炎のように破壊する…をコンセプトに開発された帝国メカ、サーベルタイガー。
素晴らしい瞬発力、強烈な破壊力は共和国メカにとって驚異的だ。
殺気みなぎるスタイリングは、どこか不気味で血のにおいをただよわしている。


超弩級戦闘コマンド機械獣 ウルトラザウルス
ウルトラザウルス第一キャプテン チャンス・ギルバード中佐

帝国軍の情報部が早くからキャッチしていた情報を、現在の技術では製造できないと握りつぶしていたゼネバス皇帝の前に、ウルトラザウルスはその巨体をあらわした。
点を突く首、巨大なキャノン砲、アイアンコングの2倍はあるボディ。
ゼネバスは帝国全土に「X-day計画」を発令した。
それは帝国にとって最大の危機が到来した事を意味していた。


巨大翼の怪鳥メカ サラマンダー
ブラックエンジェルス飛行隊長 ゴードン・ジュニア大尉

初飛行が帝国首都への夜間爆撃だった。
以来、サラマンダー飛行隊は「ブラックエンジェルズ(黒い天使)」と呼ばれて異国軍に恐れられた。
制空権を握ることは、ゾイドの戦いを制する事になる。
帝国軍は急ぎシンカーを投入し、ゾイドの空は、壮烈なドッグファイトのステージとなった。


最強の破壊力を有するゾイドメカ ゾイドゴジュラス
第3攻撃部隊所属、ゾイドゴジュラスエースパイロット ケンジ・トーマス少尉

革命的な2足歩行、格闘戦で威力を発揮するパワーフルな両腕。
全身を包む近代的な装備。
高い位置に設計されたコックピット。
ゾイドの戦いを一気に変えたメカ、それがゾイドゴジュラスだ。
その完成度の高さから、常に第一線の主力メカとして君臨した。
アイアンコングとの名勝負は数知れない。
名機中の名機。


いかがでしょう。
この解説がたまりません。挿絵も非常にいい。

言葉の一つ一つが最高です。
もう、空気を伝える文というか。短い中で魅力を伝えきってます。
HMMは見習って欲しい。

また絵も素晴らしいです。
コングのパイロットとか、すごく"らしい"と思います。
正直私は、機獣新世紀以降の美形やらロリやらより、こっちの方がずっと好きで似合っていると感じます。
どことなく帝国と共和国でパイロットの雰囲気に差があるのも良い感じです。

ゴードン・ジュニアは、かのシンカー乗りのゴードンの息子・・・なのだろうか。

ともかく素晴らしい広告だと思います。
バトスト以外にも、こういったものがあるから資料収集は最高なのです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント