帝都防衛航空隊の世界

ここのところよく書いている帝都防衛航空隊ですが、今回はどのような下地で書いているかを書いておきたいと思います。

ゾイドは大まかなストーリーは同じでありつつも、箱裏のストーリーとゾイドバトルストーリー、History of ZOIDS、ゾイドバトルビデオ、学年誌などでは話が違う部分が多々あります。
例えばサーベルタイガーがD-DAY後に参戦しているようなものもある。

なので、私的には絶対的な史実にこだわらずに各々の真実があっても良いのではないかと思います。
(多分、大戦終結に伴うゴタゴタで資料が拡散してしまい、書く歴史家が独自の研究に基づき推測を含めて書いたのが、それぞれの本なのではないだろうか)

帝都防衛航空隊の世界は、基本はゾイドバトルストーリーに近い時間軸で進みますが、おおまかな流れ以外は独自の進み方もしています。
その辺はバトルストーリーとの差を探すより、独自に楽しんで書いてると解釈していただければ幸いです。


私特有のものとして、集めた資料から世界を作っている部分もあります。

5話にて、ミーバロス上陸作戦が出てきました。
この作戦はバトストにも出てきているもので、意図的にリンクさせました。
しかし実は学年誌も参考にしています。


ミーバロス上陸作戦は学年誌(小三)にも出てきます。
ここで興味深いのは…、


CGが表示されている。
そして明らかに輸送船(ただ大砲が付いてる?)の存在がある。
ウルトラよりデカイ。
上陸作戦ではゴジュラスも出てきますが、おそらくこの輸送船に積まれていたのだろう…。
という事で、輸送船を前面に押し出しました。

途中、ウルトラがアイアンコングを砲撃で撃ち負かすシーンがあります。
これも学年誌を参考にしています。

学年誌だとコングを砲撃でバラバラにしてる。
しかしここで残弾が少なくなってしまう。

ウルトラザウルスは明確に射程を100kmと設定しています。
これも学年誌より。


このシーンを拡大すると…、

こういう表記があるんですね。

射程100kmというのはいかにも長すぎる。
ウルトラザウルスのキャノン砲は36cm砲だったか…。
しかも砲身口径が短い。
そこから考えるとせいぜい30kmくらいしか飛ばんのじゃないかなとも思えるけども…、ここでは、SFハイパーホビーという本に載っていた設定を参考に解釈しています。

SFハイパーホビーには初期ゾイドの様々な設定が載っている。マイナーな本ですが必携の一冊です。
その中にこのような記載があります。


0.6G
なるほどこの重力なら100km飛ぶかもしれないと思い、この説を採用しました。
この設定自体は、箱裏やバトストでは採用されているのかなぁ…。


あと、艦載機が3機というのはゾイドグラフィックスより。
開発前の性能要目がこのようにあります。


見た目的にどう考えてもペガサロス3機は入らないと思いますが…、強引に晴嵐みたいに分解されて収納されてるんだと解釈しています。
乗員が14名とされているのは実に興味深い。


とまぁ、こんな感じで様々な書籍から世界観を引っ張りミキシングした上で出来ているのが帝都防衛航空隊の世界です。
私的にはゾイドは統一されていない点も含めて面白いと思う。
なので各人様々な資料を基に破綻しない程度に自分の世界を構築していくのが良いと思っています。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント